読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電力自由化を有効活用!電力コストの削減に

業界最大級の導入実績を誇るイーレックス・スパーク・マーケティングの口コミ

電力自由化を契機に電力会社を替えて経費削減を検討してみては?

今まで企業を対象にしていた、実績豊富な"PPS事業者"である「イーレックス」が、電力自由化のメリットによる低料金の電気の提供を開始しました。一般家庭やお店、事業所などの経費削減に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

「イーレックス・スパーク・マーケティング」の主な特徴は、

 ・ムダなコストを徹底して排除しているからできる低料金
  自社発電所、工場などの余剰電力の豊富な電力量の確保が可能

 ・業界最大級の実績
  国の重要機関、施設をはじめとして、他社にない多業種の導入実績が、、

 ・初期費用がかからない
  切り替えにあたってのスマートメーター設置工事や事務手数料などの費用

  が一切掛かりません

 ・現在の電力会社にこだわりがない
  業界実績、自社発電所などにより安心安定的な電気の供給が可能

 ・イーレックスが供給不可能となった場合でも地域電力会社等のバックアップ

  契約により安心

 ・停電等が発生しても今まで通り地域電力会社が駆けつけます
 (*イーレックス経由で地域電力会社に連絡 )

 

以下のような利用環境の方々にご利用いただいているようです。

 ・契約種別が従量電灯(※)のかた
 ・電気利用料金が高いと考えているかた
 ・お店、事業所等の経費削減を考えているかた

※…電灯または小型機器を使用する需要の標準的な契約。料金は電力利用料に

  応じて従量で支払う。

  電力会社により異なるが、契約する容量に応じて、従量電灯A/B/Cなどと

  分類されることが多いようです。


  また、契約の単位にはアンペア(A)とkVA(キロ・ボルトアンペア)があります

  が、kVA=1000VAで、VAは電圧(V)とアンペア(A)の積となります。

  

  例えば60A×100V=6000VA=6kVA、となります。100Vと200Vの契約がある

  ため、このような単位が使われます。


  代表的な例:
   東京電力
    東京電力圏内では、一般家庭では従量電灯Bが用いられる。     
       従量電灯A (5A以下)
       従量電灯B (60A以下)
       従量電灯C (6kVA以上、50kVA未満)

   関西電力
    関西電力圏内では、一般家庭では従量電灯Aが用いられる。

       従量電灯A (6kVA未満)
       従量電灯B (6kVA以上、50kVA未満)

 

今の電力コストを下げたいかたは以下のサイトにお気軽にお問合せしてみてはいかが!

実績のない会社と契約しても大丈夫?

現状より停電しやすくなったり、電力の契約先によって不安定になるということはないということです。すべての会社の電気は、いままでと同じ送電網を入り混じって流れるので、電力会社やプランによって受け取る電気の品質が違うということはない仕組みになっています。


電線や電柱の故障対応についても、送電会社がすべて担うことになっているので、契約した会社によって停電修理の速さが違う、ということもないです。

日本の自由化の制度では、万一会社が潰れた場合でも、消費者保護の観点から、電気が止められることはありません。


ただ、一時的ですが、ちょっと割高の電気料金を払ってもらうことにはなるようです。それも、新しい電力会社を選んでもらうまでの一時の話になります。

電力自由化とは?

2016年4月に、法律の改正によって家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されました。これにより、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになりました。


また、現在の地域ごとの大手の電力会社だけでなく、さまざまな業種の企業が電力の販売をすることができ、大手電力会社もたがいに地域の枠を超えてサービスを提供します。

 

具体的には、企業むけに電気を販売していた実績のある「PPS事業者(※)」や、ガス会社や石油元売りなどエネルギー関係の企業、大手の通信会社や、コンビニや鉄道会社など、地域の生活に密着した会社などの幅広い新電力事業者が参入しています。

※…特定規模電気事業者。イーレックス、ミツウロコグリーンエネルギーなど。